ハイセンスの家電リサイクル料金が安くなりました

家電リサイクル法でメーカーごとに指定されている家電リサイクル料金ですが、ハイセンスジャパン株式会社の家電リサイクル料金が2022年4月1日より値下げされました。

料金変更の内容

ハイセンスジャパン株式会社は今まで「指定法人に委託した製造業者等」に属していましたが、4月1日より「Aグループ」扱いになりました。
そのため新しい家電リサイクル料金は以下のように変更されました。

家電リサイクル料金

  • エアコン 990円(税抜900円) ※旧価格 2000円(税抜1819円)
  • テレビ 液晶・プラズマ式・小(15V型以下) 1870円(税抜1700円) ※旧価格 3100円(税抜2819円)
  • テレビ 液晶・プラズマ式・大(16V型以上) 2970円(税抜2700円) ※旧価格 3700円(税抜3364円)
  • 冷蔵庫・小(170リットル以下) 3740円(税抜3400円) ※旧価格 5200円(税抜4728円)
  • 冷蔵庫・大(171リットル以上) 4730円(税抜4300円) ※旧価格 5600円(税抜5091円)
  • 洗濯機・衣類乾燥機 2530円(税抜2300円) ※旧価格 3300円(税抜3000円)
海信日本(株)(Hisense、ハイセンス)のテレビ、 海信日本(株)(Hisense、ハイセンス)の冷蔵庫・冷凍庫もリサイクルします。

料金の変更のタイミング

原則として家電リサイクル収集運搬業者が指定引取場所へ持ち込む日付ではなく、家電リサイクル券の交付日(お客さまから上記製品を引き受けた日)が判定基準となりますので、3月31日までに引き受けたものは旧料金で排出します。
ただし例外として3月31日以前に引き受けた場合でも指定引取場所への持ち込みが2022年5月1日以降になる場合は新料金が適用されます。
お客さま(ユーザー)が自身で指定引取場所へ持ち込む場合は、郵便局で家電リサイクル券を購入し商品に貼付して持ち込みますが、3月31日以前の料金を振り込んでしまった場合でもそのまま排出することが可能です。なお払いすぎた家電リサイクル料金の返金は行われません。差額の返金を求める場合は郵便局ではなく家電リサイクルセンターへ連絡し、返金申請を行う必要があります。なお郵便局で家電リサイクル料金を振り込んだ際の振込手数料などは返金されませんのでご注意ください。

その他の費用について

家電リサイクル対象製品は自身で指定引取場所へ持ち込む場合を除き、原則として上記のような【家電リサイクル料金】と【家電リサイクル収集運搬料金】がかかります。
家電リサイクル収集運搬料金は収集運搬業者が独自に決めることができるため、事前に確認した方がいいでしょう。
家電販売店はリサイクル品の収集を頼まれた場合に応じる必要がありますが、普段から収集運搬を行っていない販売店の場合はこの収集運搬料金が高額になることがあります。
家電量販店で買い替えの際はおおよそ550円程度、買い替えではない場合で2200円~5500円程度、また大型冷蔵庫などの場合は別途搬出費用がかかる場合もあります。

ご自身で指定引取場所へ持ち込む場合は、事前にリサイクル券を郵便局で入手(振り込み)しておく必要があり、また指定引取場所へは事前に連絡しておく方がスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*